About us

Partner with financial industry experts

Quantifeed Wins Fintech of the Year 2019 & Outstanding B2B Robo-advice Platform

Quantifeed Wins Fintech of the Year 2019 & Outstanding B2B Robo-advice Platform

Last Friday, Quantifeed was named ‘Fintech of the Year 2019’ and ‘Outstanding B2B Robo-advice Platform’ by ETnet, one of Hong Kong’s most influential and reputable media outlets owned by Hong Kong Economic Times media group. This is the first time a fintech startup was awarded the top prize which has been dominated by traditional financial institutions in […]

Quantifeed co-develops robo-investment service with China CITIC Bank International, first for a bank in Hong Kong

Quantifeed co-develops robo-investment service with China CITIC Bank International, first for a bank in Hong Kong

*** Providing investors easy access to tailored diversified multi-asset portfolios with low minimum investment *** Hong Kong, 28 November 2019 – Quantifeed, Asia’s leading provider of digital wealth management solutions, has co-developed a new robo-investment service, Robo 360, with China CITIC Bank International (“CNCBI”). The launch of Robo 360 makes CNCBI the first bank in […]

「国際金融都市・東京」構想の一環としてクオンティフィードが日本市場参入

「国際金融都市・東京」構想の一環としてクオンティフィードが日本市場参入

金融機関と共に日本の投資家向けの デジタル・ウェルスマネジメント・ソリューションを提供 [11月11日、東京] デジタル・ウェルスマネジメント・ソリューションを提供するクオンティフィード(本社:香港、代表取締役:アレックス・イプシランティ)は、「国際金融都市・東京」構想の一つである「金融系外国企業発掘・誘致事業」の企業企業として選定されたと発表しました。「金融系外国企業発掘・誘致事業」は、資産運用業及びフィンテック系の外国企業を2017年度から2020年度までの4年間で50社誘致することを目的とする東京都の事業です。 クオンティフィードは、独創的な「ウェルスケア・ソリューション」を活用して、日本の金融機関が今まで提供することのできなかった、マス富裕層向けのデジタル・ウェルスマネジメントのサービスの提供を可能にします。 クオンティフィードのアレックス・イプシランティCEO兼共同創業者は、今回の発表について、「東京都の金融系外国企業発掘・誘致の一環で日本市場へ参入する事を光栄に思います。変化を遂げるウェルスマネジメント業界の中で、日本の金融機関が、弊社の日本参入によりデジタル・リーダーの地位を構築していくことに貢献していく所存です。日本の投資市場環境が変化する中で、金融機関は、デジタル・ウェルスマネジメント・サービスの取り組みを強化しており、日本は弊社にとって大事な市場と考えています」と語っています。 クオンティフィードの日本参入は、国民の「貯蓄から資産形成へ」の推進および金融リテラシー向上に、日本政府と金融当局が取り組む中でのものになります。今後、個人投資家のみならず機関投資家の間でも優れた投資商品に対する関心が高まっていくと思われます、国内の金融機関はより一層重要な役割を果たして行くことになります。 「日本の個人投資家は総じて、銀行預金、保険や年金を中心とした保守的な運用に傾斜しており、株式などのリスク性投資への配分はまだ低い状況です。クオンティフィードは、日本の投資家がこの保守的な運用から、より多様で分散された投資へシフトするためのサポートに大きな機会があると考えており、革新的なデジタル・ソリューションを通じて、シンプルで利用しやすく且つ便利なウェルスマネジメント・サービスを提供して行きます。」とアレックスは続けました。 2017年に公表した東京都の「国際金融都市・東京」構想は、東京が世界に冠たる国際金融都市として輝くため、金融の活性化に向けた取り組みを推進しています。具体的な取り組みとして海外金融系企業の誘致、フィンテック産業や金融系人材の育成などがあります。 同社は、2018年にシンガポール拠点、2019年前半にシドニー拠点の開設を果たしてきました。アジア地域の拡大戦略の一環として、日本は4番目の市場になります。現在、アジア地域の銀行、証券会社、ウェルスプラニングを担う企業に対して、ロボ・アドバイザリー・ソリューションを提供しています。シンガポールに拠点を置くDBS銀行の「digiPortfolio」プラットフォーム、台湾の国泰世華銀行(キャセイ・ユナイテッド・バンク)の「CathayRobo」サービス、光大新鴻基(エバーブライト・サンフンカイ)の「EBSHK Direct AI-Portfolio Investing」システムは、クオンティフィードの技術を活用することにより、各サービスの立ち上げを成功させています。 クオンティフィードについて クオンティフィードは金融機関にデジタル・ウェルスマネジメント・ソリューションを提供しています。クオンティフィードは、ソフトウェア工学と定量的ファイナンスを組み合わせることで、クライアントとなる金融機関が、あらゆる投資家のニーズに合わせた投資家本位のウェルスケア・サービスを提供することを可能にします。個人投資家、投資アドバイザーおよびポートフォリオマネジャーは、クオンティフィードの技術を通じて、リスク水準やリターン目標を自由に選択することができ、柔軟にポートフォリオを管理する事が出来ます。クオンティフィードの「QEngine」プラットフォームは、銀行、証券会社、保険会社の効率性を改善させ、株、ファンド、債券を含む多様な投資商品のポートフォリオの構築が可能になります。 クオンティフィードは香港に本社を置き、シドニーとシンガポールに拠点があります。現在、アジア地域の大手銀行やウェルスプランニングを担う企業にサービスを提供しています。同社の「QEngine」プラットフォームは、2017年、2018年に「Asian Private Banker」誌から「 Best Robo Advisor Solution」賞 を獲得しました。クオンティフィードのウェルスケアに対する理念についてはwww.quantifeed.com をご参照ください。    

Quantifeed enters the Japanese market as part of the ‘Global Financial City: Tokyo’ Vision

Quantifeed enters the Japanese market as part of the ‘Global Financial City: Tokyo’ Vision

*** Helping financial institutions bring digital wealth management solutions to investors in Japan *** Tokyo, 12 November 2019 – Quantifeed, a leading provider of digital wealth management solutions, today announced that it has been invited to enter the Japanese market as part of the Tokyo Metropolitan Government’s ‘Global Financial City: Tokyo’ Vision, which aims to […]

Saxo Markets and Quantifeed announce joint solution to enable financial advisers to scale quickly in a challenging environment

Saxo Markets and Quantifeed announce joint solution to enable financial advisers to scale quickly in a challenging environment

Saxo Markets and Quantifeed have signed a Memorandum of Understanding to deliver a platform-based solution that will help financial advisers provide planning and advisory services with greater efficiency, flexibility and scalability  Built on top of Saxo’s OpenAPI, Quantifeed’s robo-advisory technology brings a comprehensive solution that streamlines the digital wealth management experience  Available from Q1 2020, […]

Quantifeed launches HK robo with Everbright Sun Hung Kai – Ignites Asia

Quantifeed launches HK robo with Everbright Sun Hung Kai – Ignites Asia

Quantifeed has partnered with Everbright Sun Hung Kai’s online investment service platform, EBSHK Direct, to launch a robo-advisor in Hong Kong that gives retail investors access to tailored thematic strategies. The EBSHK Direct AI-Portfolio Investing platform uses smart analytics, algorithms and quantitative research to create portfolios for clients from a combination of Hong Kong stocks […]

Quantifeed partners with Everbright Sun Hung Kai to launch robo-investment solution in Hong Kong

Quantifeed partners with Everbright Sun Hung Kai to launch robo-investment solution in Hong Kong

*** Provides retail investors easy access to diversified multi-asset and thematic portfolios *** *** Transforms investment landscape by making portfolio management transparent, affordable and accessible to mass affluent market ***   Hong Kong, October 23, 2019 – Quantifeed, Asia’s leading provider of digital wealth management solutions, has partnered with Everbright Sun Hung Kai Company Limited […]

Receive our insights directly in your inbox Subscribe to our mailing list

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.